おみやげに和菓子を選ぶことのメリット3つ

年配の方にも受けが良い

年配の方にはケーキよりもおまんじゅうの方が食べやすい人もいます。これはたっぷりの生クリームやカスタードクリームよりもあっさりとした餡を好むという理由からではないでしょうか。あるいはチョコレートなどの洋素材よりもきな粉などの和素材が好きという理由もあるかもしれません。年配の人へお土産を持っていく場合は和菓子を選ぶことをおすすめします。餡やきな粉、抹茶などを使った美味しい和菓子はきっと喜ばれるでしょう。

カロリーが控えめである

ダイエットしている人は甘いものがとりたくてもなかなかとれません。そこでおすすめなのが和菓子です。バターや砂糖をたっぷりと使ったマドレーヌなどに比べてカロリーが低いのでダイエット中のおやつに向いています。「ダイエット中で甘いものは食べられない、でも食べたい」という人は和菓子に目を向けてみてはいかがでしょうか。カロリーが低いからと安心して食べ過ぎてはいけませんが、ちょっとくらいならカロリーを気にする必要はありません。

手で食べられるものが多い

洋菓子はケーキやプリン、アイスクリームなどフォークやスプーンなどを使わなくては食べられないものが多いですが、和菓子はおまんじゅうやどら焼きなど手で食べられるものがほとんどです。そのためフォークやスプーンがない場所でも食べやすいのが魅力です。ちょっと甘いものを口に入れたいなという時でもつまめます。手軽に食べられることをよく「つまむ」と言い表します。ケーキをつまむとは言えませんが、おまんじゅうならつまむと言ってもおかしくありません。これも和菓子のよさのひとつです。

ずんだ餅は東北地方南部の郷土菓子の一つで枝豆をすりつぶして砂糖と塩で味付けして作った餡が使われています。

Related Posts