腕時計の電池も進化!?好みに合わせて3種類のタイプから選ぼう!

最近流行のソーラー電池

ソーラーパネルで稼働している道路標識や照明、ソーラー電池で半永久的に使用できる電卓など頻繁に見かけるようになりましたが、腕時計にもソーラー電池で動くタイプのものが増えてきました。日中太陽の陽が当たる場所に腕時計を置いておくだけで、電池交換をする必要もなく動き続けてくれる優れものです。電池交換には1000円前後掛かってしまうので、交換不要なソーラー電池はランニングコストも非常に優秀と言え、国産の腕時計メーカーからも多くの種類のソーラー電池の腕時計がリリースされています。

電池交換タイプの腕時計

多くの腕時計が銀電池やリチウム電池で動いていて、定期的に電池交換をする必要があるタイプだと言えます。アナログタイプ、デジタルタイプ、クロノグラフなど様々な腕時計がこれらの電池で動いています。ストップウォッチ機能がついているクロノグラフやバックライトで文字盤を照らすデジタル時計は電池の消耗が激しくなりますが、それでも電池交換から2~3年は動き続けてくれる働き者の時計です。手巻きや太陽光に当てておく必要もなく、使いたい時にサッと使えるのがこのタイプの腕時計の魅力でしょう。

高級ブランドも使用している自動巻きの腕時計

そして3種類目が自動巻きの腕時計です。自動巻きとは時計を腕に巻いて普通に使用しているだけで、振動によってゼンマイが巻き上がって秒針が止まることなく動き続けてくれます。高級ブランドの腕時計にも古くからこのタイプのものが多く、もちろん電池交換の必要もありません。腕時計を使わない時にも時計を持って、数分軽く振ってあげるだけで止まることもありません。似たようなタイプに手巻きの腕時計があり、リューズを回してゼンマイを動かす、アンティークの腕時計に多く見られるのがこのタイプです。腕時計には大きくこの3種類に分けられます。好みに合わせて選んでみましょう!

時計通販のヨシダ

Related Posts