購入を考えている人必見!機械式時計に関する手入れの基礎

機械式時計は積極的に使用しよう

社会的ステータスを得た時に視覚的メルクマールを持とうと、機械式時計が購入されることがあります。しかし、実際に購入してみるとその手入れの多さに愕然とする人は多いかもしれませんが、日常的に行う基礎的な手入れだけでも十分把握しておきましょう。まず、機械式時計を新品で購入した場合、各部品に塗布されている潤滑油がなじんでいない可能性が高いので、観賞用にしたい場合でも3ヶ月程度は動かすようにして潤滑油をなじませておくようにしましょう。

ゼンマイは必ず決まった時間に決まった量だけ巻こう

機械式時計は手巻きにしろ自動巻きにしろ、その動力はゼンマイです。当然使い続ければ使い続けるほどゼンマイはほどけて動力が弱くなるため、機械式時計は毎日必ず一定の時間ぶん、ズレが生じます。だからと言って、動力を補給するためにゼンマイを常に巻くようなことは止めましょう。ゼンマイの巻きすぎは故障を誘発しやすくなります。機械式時計は決まった時間に決まった量だけゼンマイを巻いて動力を補給するようにできているため、しっかりそのことを覚えておいて、日々のゼンマイ巻きを習慣付けるようにしましょう。

機械式時計は数年に一度のオーバーホールが必要

機械式時計は多くの部品と、それらをスムーズに動かす潤滑油によって成り立っています。それらは半永久的なものではなく、長期間使い続ければ磨耗していきます。そのために、数年に一度、オーバーホールに出す必要があります。新品なのか使い続けているものかで出すためのスパンは変わってきますが、オーバーホールは機械式時計には絶対必要です。また、職人の腕前にもよりますが、やはり全部品の分解は時計に負担をかけるため、オーバーホールを頻繁に行うとそれだけで寿命を縮めてしまうことになりかねません。オーバーホールに出す期間も、しっかりと守るようにしましょう。

パテックフィリップは、スイスのジュネーブに本社がある高級時計メーカーです。アントニ・パテックとフランチシェック・チャペックが創業しました。

Related Posts