壁面緑化前に覚えておこう!行うときの注意点

水と肥料を与える必要がある

壁面緑化に挑戦するときには、適切なお世話を怠らないように気を付けてみましょう。植物は、適したお世話をすることで良い状態を保つことができます。まず、植物には水や肥料は必要となってくるので、この用意を行っておきましょう。水をやる間隔については、時期や植物によって違ってくるので、植物ごとに適した間隔を覚えておくとよいです。また、肥料についても少なすぎても多すぎても植物は育ちません。適した量を覚えておくとよいです。

ネットやワイヤーを用意しておく

壁面緑化では、ただ壁に植物を這わせるのではなく、計画的に這わせていく必要があります。家のどの部分に這わせることにするのか考えたり、植物の量を調節していく必要があるのです。計画的に壁面緑化するためにも、ネットやワイヤーを設置しておきましょう、ネットやワイヤーを使うことで、理想的な形で緑化できるようになってきます。家全体のバランスを考えたうえで緑化することができるので、見た目的にも美しく出来るでしょう。

十分な害虫対策を行っておく

植物があるところには、害虫もやってきます。壁面緑化したときに、避けて通れないのが害虫の存在になってきます。害虫が大量に発生してしまうと、自宅だけではなく、ご近所にも迷惑をかけることになるので、しっかりとした対策を行いましょう。まず、害虫を防止するためには、殺虫剤などの薬剤を適切に使っていく必要があります。殺虫剤を使うことで、植物に虫がついてしまうことを強力に防止できるようになるのです。薬剤の中には、人体に影響のないものもあるので安心して使えるでしょう。

壁面緑化は建物の壁に植物を這わせることから害虫の発生に見舞われることがあります。食害を受けにくい品種を選び、こまめに殺虫剤を使用することが害虫を近づけないための心得です。

Related Posts