東京土産は会社用・隣近所用・家族用に考えておくことです

会社用のお土産の探し方

会社で休みをもらって東京に行くとなれば、やはりお土産を買って帰らなければなりません。ところが、会社となれば人数も多く、とても一人ひとりに購入するわけにはいきません。貰う方も恐縮しますし、お土産代も馬鹿になりませんし荷物にもなります。「、留守の間迷惑をかけました」と言って東京土産を出すのが、みなさんに受け入れられるでしょう。それには、菓子箱などで人数に合うお菓子などが喜ばれるでしょう。その場で開いて一個ずつ配るものが良いのです。

留守番を頼んだ隣近所のお土産

旅行をするので緊急の連絡先などを隣の人に頼んだ場合は、帰ってきましたということでお土産を持って挨拶に行きます。この時には東京土産と分かるものを渡すと喜ばれます。それも、包み紙ですぐに分かるものが話も弾むことになります。先方はまさか、お土産を買ってくると予想していないでしょうから、渡した時に話がお互いに弾む方が良いのです。高価なものではなく、飛行場などで一番目につくお菓子や食べ物などが無難でしょう。

家族のお土産は少し考えましょう

親や子どもに対する東京土産は少し考えましょう。東京とは行っても関東平野は広く、折角の旅行ですから観光バスなどに乗って見物に行ったり、歌舞伎などに出かけるものです。家では旅行の話にもなりますので、旅先でお土産を購入することです。写真だけでは一方的に聞くだけでつまりません。その場所の食べ物が付いておれば包み紙を見て話も続きます。家族のお土産は、一人ひとりに手渡しで、渡せるものが良いでしょう。これは自分のことを考えて購入したのだと思う気持ちを大切にしたいのです。

カンパネラとはイタリア語で鐘を意味します、教会やお寺の鐘の他にも鈴や風鈴もそのように呼ばれています。

Related Posts